「発毛剤」と「育毛剤」は明確な違いがあるのか?

「発毛剤」と「育毛剤」は明確に違いがあるのでしょうか。今日はそれを考えてみたいと思います。

まず結論から申し上げますと、髪の毛がなくなってきた毛穴から、発毛させていく効果があるのが発毛剤、薄い毛を育てる作用を促進させるのが育毛剤と考えると良いでしょう。厳密に言うと少し違うのですが、簡単に言うとこんな感じです。

前回のご紹介したミノキシジルなんかは、地肌が露出してしまってるような場合に有効なものでして、前髪が後退してきたというような場合は効果がありません。発毛剤と呼べるか育毛剤と呼べるかと言うのは、その製品の効果、そして国の認可によって変わってきます。

どういった基準でもって、発毛剤と認可されるかと言うのは国によって変わってくるのです。

よく発毛効果のあるシャンプーなどで、トニック配合等と謳ってる商品がありますが、これは髪の毛に栄養を与えることによって、養毛効果を高めているのです。

単純に言葉通り、発毛と言えば、「毛を生やすこと」育毛と言えば、「毛を育てること」と解釈して問題ないかと思います。

多くのサイトで若はげ対策の情報、発毛剤、育毛剤の情報を紹介していますので色々と探してみて、自分にぴったりの育毛剤、発毛剤を探してみると良いと思います。