発毛剤とはどんなものであるか?

世代に関係なく、薄毛や抜け毛が気になるという悩みをお持ちの方は多くいらっしゃいます。

抜け毛予防対策の一つとして、「発毛剤を使用する」という方法があります。

発毛剤とは言うまでもありませんが、育毛や発毛を促進させ、脱毛防止するための薬品です。

「発毛薬」や「育毛薬」とも呼ばれます。

この発毛剤は、毛包細胞を活性化させることによって、直接的に発毛効果を狙うものなのですが、発毛剤には、塗布するタイプのものと、飲む発毛剤があります。

脱毛の原因には様々ありますが、毛母細胞の働きが男性ホルモンによって抑えられてしまうことが、大きな原因となりやすいです。

発毛剤としてはミノキシジルが大変有名ですが、元々このミノキシジルという成分は、血管拡張剤として開発が進められてきました。後に発毛促進効果があるということがわかってきたからです。

実はミノキシジルの血管拡張作用によって、毛母細胞が活性化されるのです。

しかしミノキシジルは即効性がないため、効果を得るためには、少なくとも半年ぐらいは継続使用しなければなりません。脱毛症治療としての経口薬とも言われるのが、飲む発毛剤であるフィナステリドです。

日本では2005年頃から小売店で販売されています。

フィナステリドの効果としては、ジヒデロテストステロンの生成や、頭皮の男性ホルモンを抑制することによって、脱毛を防止します。

このフィナステリドは男性型脱毛症の治療薬となっていますので、症状によっては効果が得られない場合もあります。

発毛剤の使用経験がない方は、発毛剤と聞くとどういった印象をお持ちになるでしょうか。まだまだ一般的に発毛剤を塗るだけで、毛が生えてくるのだというイメージをされるようです。

しかし発毛剤というのはそのような即効性があるものではありません。脱毛の進行具合にもよりますが、毛がなく地肌がはっきりと見えている部分でも、産毛が残っているものです。

発毛剤における発毛というのは、いわばこの産毛を太くて長い毛へとしっかり成長させることによって、徐々に密度を高めていくものなのです。

時間をかけて地肌の露出部分を徐々にカバーしていくようなイメージです。

ですので毛髪の本数自体が増えるというよりは、産毛をしっかり育てボリュームもアップさせるようなイメージです。